タグ

タグ:医療費控除

Road to 医療費控除&節税(還付額確認!&受領編)

カテゴリ:
前回の申請編に続き、今回はついに医療費Back!
還付額の確認〜受領編です

これこそ医療費控除申請手続きが報われる瞬間であって、
私の第一次医療ブームのハイライトです 

さて書類を準備し、地元の税務署で申請手続き後(…といっても書類を渡すのみ)

果たして本当に申請金額が全て通るかどうか…
大人になってからの歯列矯正治療なので認められないのではないか…
(噛み合わせ治療目的、と口酸っぱく申請書類には書きましたが)

とそわそわしていましたが、

約2週間後、無事に還付額通知ハガキが届きました〜〜〜!

それがこちら。 
BlogPaint
 
ちゃんと申請通り、71,605円の還付を受けられました!

やったーーー!

すぐに申請時に指定した振込先(父親の名前で申請したので、父の口座)
への入金が確認出来たので
しっかり(全額)引き出し、自分の口座に移しました

ほくほくほく。
還付額少ない!と悲しくなった時も一瞬ありましたが、
やはり7万円戻ってくるのはとても嬉しい💓

こちらのお金💰は矯正治療終了後のホワイトニング費用に充てようか。
でも脱毛も回数追加したいなぁ〜
…と使い道は山ほどありますが、これで無事2013年の医療費控除手続きは完了です。

満足満足

  ★よかったら1クリックお願いします★

人気ブログランキングへ

Road to 医療費控除&節税(申請編)

カテゴリ:
私には今年度、とても心待ちにしていたイベントがあります…

それは…

医療費控除(炎▽炎)

なんたって今年は念願の歯列矯正を始め、
還付額を多くするため矯正費用は2013年中に全て支払い
(私の通っている矯正歯科はパッケージ料金です💰)
そして「いつか行くなら今年中!」を合言葉に、耳鼻科やら皮膚科やらやたら積極的に行きました。

そう、2013年は私の中で第一次医療ブームだったのです
(二次以降、続かないことを願っていますが…)

そして年明け、源泉徴収票を入手=昨年の所得(&税)が確定したと同時に
私の医療費控除申請準備はスタートしました

実家暮らしの私は「生計を一にする」として、
父親の所得税ベース→父親の源泉徴収票で申請できそうなことが判明
(父親の方が給与が高い、つまり支払っている所得税率も高いので
 還付率が高くなります)

次に家族の医療領収書、ドラッグストアでの医薬品購入レシート等を回収し
人別、場所別、時系列に並べ直します〜。

その後上記をエクセルに入力し、最終的には
・上記の医療代+往復交通費
・明細をピボットテーブルで場所別に合計金額を算出したもの
を2種作成しました。

(こういう地味なペーパーワーク、、意外と好き

さてそこで集計された我が家の2012年医療費総額は、

1,160,118円!Wow! 沢山支払ったな〜〜

医療・治療費1,124,298円+交通費35,620円で、
人別にみていくと、こんな感じです。

父:59,590円
母:4,680円
私:1,092,280円
妹:3,568円

圧倒的に私が貢献度NO.1ですね。
109万円のうち、107万円が歯列矯正関連で、残りが花粉症や眼科、口内炎パッチ(笑)

次点は「歯が痛い痛い」とよく嘆いている父親。
職場近くの歯科を利用しているため、交通費部分でも貢献してくれています。

医療費総額が確定したら、後は税務署のHPのオンラインサービスを利用し、
(父親の)源泉徴収票通りに支払った税金や不要の家族の有無、各種情報を入力していきます。

そして出来上がったのが2013年還付申告額はこちら

医療費控除申請額


還付額△71,605円


あれ、思ったより少ない!!!!
10万円引いても、20%弱程度は戻る概算でいたので衝撃を隠せませんでしたが、
扶養家族がいる父親は、既に納めている所得税も少なかったのでした…


でも貴重な還付には変わりないので気を取り直し、後日税務署に書類提出へ〜。
必要書類は全て整っていたので1分程度で申告手続きは終了。

無事全額戻ってくることを期待して、振込の連絡を待ちます。

次回還付額受領編に続きますので、 
★よかったら1クリックお願いします★


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×