カテゴリ:

十分駅(続き) 

点燈飛ばしを大満喫したら続いて十分エリアのもう一つの観光名所である、十分瀑布にも行ってみます。

ただ有名な場所のはずなのに、案内が少なく(え、ここ入るの!?っていう道もあり)遠回りと行ったり来たりを繰り返して30分強歩きました。。
台北市内とはまた全然違う、郊外の町並みを見れたのはとても興味深かったです。・・・とフォロー。
IMG_5096
IMG_5098
IMG_5102
既に道は全く覚えておらずですが、ようやく出会えた十分瀑布のエリア。ここまで来るとツアーバスが沢山乗り入れているので安心です。周りに付いていきながらこんなウッドテラスを進みます。

苦労の果てにいよいよ迫力ある滝が見れるのね;;

っと思ったら、、、滝に近づくには入場料が必要とな!!!!!
ここまで歩いたのになんですが、有料が許せなかった私たちは遠くから瀑布の音と雰囲気を感じて引き返したのでした。こういう時もあります、、よね。
IMG_5105
これが遠目から見た十分瀑布。近くで見たら圧倒されたのでしょうか(´・_・`)

でも諦めは早い私たち。来た道をまた20〜30分歩いて十分駅に戻ります

ようやく十分駅に戻ってきた頃にはすっかり夕方。平渓線沿線で1日遊んだ観光客達が台北市内に帰る時間です。まさに駅のホームには人が溢れんばかり、加えてようやく来た電車も満員!!
出遅れた私たちは乗りこめず、次の電車が来るまで30分待つことになりました。。
IMG_5109
同じく電車に乗り切れなかった方々↑。皆諦めてホームでくつろぎはじめます。
IMG_5108
BlogPaint
私たちもホームに腰掛け、デジカメを見ながら1日の振り返りをしたり、夕食をどこで食べるべきか真剣に調べたり。予定には大分behindもゆったりと平和な時間でした。

次来た平渓線には無事乗ることが出来たも激混み('A`)

ひーこら瑞芳駅にまた戻ってきたら、ここでも電車の接続が上手くいかず、30分待つはめに。
平渓線に乗られる方は、
★帰りの電車時刻は調べておく
★帰りは激混み!余裕を持って駅に着いておく

の二つを是非ご参考下さい

帰路のロスが多かった私たちでしたが、目当てのお店で夜ご飯も食べることができました
IMG_5126
永康街にある金鶏園というお店。繁華街の中の庶民的な雰囲気のお店ですが、飲茶がとても美味しい!しかもお値段もリーズナブル。ついつい色々試してみたくなります。

IMG_5121
IMG_5124
飲茶を楽しみお酒も飲んで、二人で400元!また来たいお店の一つになりました〜。
鼎泰豊も大好きですが、ローカル感あるお店で頂くのもまた楽しいんですよね

その後は少し永康街をぷらり。これまた楽しい誠心書店を覗いたり、最後はスタバに入って空港バスまでの時間潰しを。手作りしおりにもどんどん書き込んでいきますヾ(o・∀・o)
IMG_5130
IMG_5777
↑友人Hの旅しおり。そうね、帰りの台湾鉄道は本当カオスな感じだったね

台北駅まで戻ったら荷物をコインロッカーからピックアップしバスターミナルへ。
駅構内から歩いて15分ほど歩きました。夜の台北はなかなか蒸し暑かった(´・_・`)深夜なので人もまばらながらターミナルは明るくてほっ。
IMG_5131
IMG_5133
バス内で爆睡している間に桃園空港に到着。その後朝4時半のチェックイン時間までソファー就寝
ずっと電気が付いていて明るかったですが、ソファーは柔らかくてなかなかの寝心地でした

翌朝Scoot機内でも再び爆睡、成田に朝方到着し、朦朧としつつ午後から会社に出社しました

土曜発月曜朝帰りの2泊3日旅。
現地ホテルは1泊と慌ただしい旅ながら、ずっとやりたかった平渓線ぶらり旅と天燈飛ばしが出来て、尚且つお安く済んだのでとても満足度の高い旅となりました

最後に旅のお土産とお金をまとめて2014台湾旅行記も終了です〜

★目指せ100記事!よかったら1クリックお願いします★

人気ブログランキングへ